処分の費用が掛からない|愛車に別れを告げるなら|車売却という岐路に立った時

愛車に別れを告げるなら|車売却という岐路に立った時

男性

処分の費用が掛からない

漁船

海外へ販売

漁業を行うには漁船が必要になります。海の場合は常に海水につかることになりますが、どうしても部品などは傷みやすくなります。定期的に買い替えが必要になります。買い替えをすれば、それまで使っていた漁船が不要になります。そこで漁船販売を行います。もし自分で処分をしようとすると、処分費用が掛かります。FRPリサイクル法があり、その法律に基づいて一定の処分費用が必要になります。安くないときは躊躇することもあるでしょう。漁船販売を行うことで、一定料金で買い取ってもらえます。では業者はどうするかですが、海外への転売を行うようです。日本で使えなくなっても、海外で十分使える場合があります。モーターが動けばそれなりに価値が高くなります。

船検書を用意しておく

自動車が定期的に行わないといけないことに車検があります。2年や3年ごとに行い、それをきちんと見えるところに貼っておきます。漁船も同様に船検が必要で、船検書に記録されていきます。漁船販売を行う場合、日本で行う場合には船検書が必要になるので、無いと行うことができません。では処分もできないかですが、漁船販売に対応してくれる業者によっては引き取りをしてくれることがあります。売却ではなく、無償での引き取りになります。書類作成に時間がかかったり、お金がかかるなら、無償で引き取ってもらった方が良いこともあります。船検書は海外でも必要になることがありますが、国によって不要なこともあり、売却は不要なところに行われます。