名義変更できない自動車|愛車に別れを告げるなら|車売却という岐路に立った時

愛車に別れを告げるなら|車売却という岐路に立った時

男性

名義変更できない自動車

婦人

格安価格が特徴

何らかの理由で名義変更ができない自動車を、広い意味で金融車と呼んでいます。よくあるケースは自動車ローンを完済する前に、別の債権者に担保として取られてしまった場合です。このケースでは、車の所有者はローンを組んだ金融機関になり、その同意がなければ譲渡することはできません。このほか所有者が行方不明だったり、倒産した会社の車だったりする場合もあります。しかし車検証とナンバープレートがあれば、公道を走ることは可能です。金融車の最大のメリットは、何と言っても価格が安いことです。同じグレードの車種なら、市場価格の半額程度で入手できる場合もあります。また登録手続きが不要で、購入すればその日のうちに乗れるという特徴もあります。

トラブルへの対応

金融車はそのままの状態では中古車屋に売却したり、廃車処分にしたりできないという問題があります。また名義が前の所有者のままになっているので、自動車税や反則金の納付書は前の所有者に届きます。この取扱をどうするのか、前もって決めておく必要があります。基本的に車検を受けることは可能ですし、保険はドライバー保険に加入すれば問題ありません。たとえ金融車でも前の所有者から譲渡証明書・印鑑証明・委任状を受け取っていれば、トラブルが起きてもすぐに対応できます。格安価格で金融車を購入するなら、きちんと書類を手渡してくれる販売業者を選ぶことが大切です。もちろん道路交通法を守り、納税義務を果たすことは基本中の基本です。